ステタカントゥス 267.6
370   塩湖 

631
やぐら型に発達した背ビレを持つ稀少な古代魚
「ロッホ・セル湖」のオオヌシ
[魚拓額縁G4に設定可能]

背ビレに塩分を結晶化させ、個体間の優位を競う奇妙な習性を持つ。その岩塩の重さゆえ、身動きが取れなくなる個体もいるらしい

釣り場

ギラバニア湖畔地帯
ロッホ・セル湖70

時間帯

 (集計数: 218 ET )

分解

(集計数: 22)
アラミゴ塩
魔匠のハイマテリジャ
細砂
ウォータークラスター (1~2)

釣り餌

ロックソルトフィッシュ (泳がせ釣り)

コメント

(631)

名前  名も無き釣り人
コメント 


レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
ステタカントゥス - 猫はお腹がすいた