魚類図鑑

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
イチモンジ
300   
刃物のように鋭い口吻を持つ海水魚

ザラビクニン
300   
鱗を持たない奇妙な海水魚

ギラバニアチャブ
205  河川 
ベロジナ、ハズーバ水系に棲息する小型の淡水魚

産卵期に入ると頭や尾ビレなど、あちこちが美しく色付く。そうなると味の方も一気に美味になると言われている
サンゴノオトシゴ
210  沖合 
珊瑚によく似た鱗を持つタツノオトシゴ

ハナタツの近縁種で、より珊瑚に似た形状を獲得している。あまりに鮮やかな擬態ぶりから、海の忍者とも呼ばれる
コイマリモ
215  湖沼 
紅色をした藻の集合体

身分違いゆえ結ばれなかった恋人たちが、絶望の末に身投げ。その魂がマリモになったという、胡散臭い伝承がある
ベロジナサーモン
220  河川 
外洋で生育し、産卵期に河川を遡上する藍鉄色の淡水魚

ベロジナ、ハズーバ水系にて産卵するサーモン。ギラバニアの民は、この魚の遡上によって季節の巡りを知る
パープルバックラー
225  湖沼 
ギラバニア地方固有の中型のスッポン

ギラバニアでは、古くから滋養強壮に効く食材、薬剤として珍重されている。その名は、命を護る盾という意味から
ミラージュマヒ
320  河川 
ギラバニアの河川に棲息する大型の肉食淡水魚

黄金に輝く鱗が美しい淡水魚。闘争心が高いことでも知られ、地元民からは「河のクァール」という異名でも呼ばれる
ギマ
320  沿岸 
背ビレと胸ビレに硬い棘を持つ海水魚

背ビレと胸ビレに硬い棘を持つ。魚体に触れると、ザラザラとした感触がするため、擬麻と呼ばれるようになったという
ワニガメ
320  湖沼 
強靱な顎を有し、尖った甲羅を持つ陸亀

強靱な顎を有する陸亀。ギラバニアの傭兵の間では、この亀の鼻先を指で突くという危険な度胸試しがある
レッドテイル
320  湖沼 
赤い尾ビレを持つ巨大淡水魚

赤い尾ビレを持つオオナマズの近縁種。大食漢として知られ、自分より大きな獲物を呑み込もうとして窒息死することも
ウスギヌダコ
320  沖合 
紅玉海沿岸で好んで食される巨大なタコ

体色がやや薄いため薄衣と呼ばれるコロモダコの近縁種。味わい深く弾力に富む肉質のため、食材としての人気も高い
ソルトミル
320  塩湖 
塩湖の環境に適応した古代魚

歯車状の歯で岩塩を砕き、その隙間に隠れる小魚を補食する。ソルトリーの製塩業者にとっては、幸運の象徴とされる
盆栽魚
320  河川 
植物の葉のように見える淡水魚

水面に映り込んだ木の枝や葉に擬態することで、鳥の目を欺く。小さく育てられた盆栽に見立て、その名が付けられた
ハナヒゲウツボ
320  沖合 
花びら状の鼻孔が特徴の海水魚

花びらのような形状の鼻孔を持つことから、その名が付いた。幼魚は黒だが、成長するにつれ鮮やかな青と黄で彩られる
赤彩魚
320  湖沼 
属性の力を帯びた淡水魚

赤色のコイ。火属性の力を帯び、危険を察知すると発熱して威嚇する。そのまま鍋に入れると、自然と茹であがることも
川の長老
320  河川 
細長い一対の腹ビレを持つ淡水魚

腹部から伸びるヒレが長い髭を蓄えた長老のように見えることから、遊牧民たちに川の長老と呼ばれ親しまれている
シュリーカー
290  沖合 XL (7) 
3つに裂ける口を持つという未確認生物
[G4以上の水槽で飼育可能]

東方交易を行う船乗りたちの間で、噂になっている未確認生物。砂海生物オルゴイコルコイに、よく似た外見を有する
白彩魚
290  湖沼 
属性の力を帯びていない淡水魚

白色のコイ。特殊な環境にある七彩溝にあって、珍しく属性の力を帯びておらず、まっさらな白色の鱗を有している
橙彩魚
320  湖沼 
偏った属性の力を帯びた淡水魚

橙色のコイ。七彩溝の水を飲み続けた結果、体内の属性バランスが崩壊している。そのため、ひどく短命だという
フックスティーラー
320  湖沼 
大型のアバラシアビターリング
「ミラージュクリーク上流」のヌシ

幾度も釣り上げられそうになりながら、釣り糸を切って生き延びてきた。その体内には無数の釣り針が残っている
サファイアファン
320  湖沼 
大型のケイブキリフィッシュ
「夜の森」のヌシ

ひときわ美しい背ビレを有する個体。その背ビレは、サファイアを散りばめた扇子のように見えるという
アークビショップフィッシュ
320  湖沼 
大型のカーディナルフィッシュ
「流星の尾」のヌシ

大型のカーディナルフィッシュ。枢機卿に由来する名を持つ同族の上に君臨するため、教皇と呼ばれている
ボンドスプリッター
320  湖沼 
大型のエニッドシュリンプ
「夫婦池」のヌシ

大型のエニッドシュリンプ。常にハサミを動かし続けているのは、夫婦の絆を断ち切るためと噂されている
ナガレクダリ
320  河川 
大型のナガレノボリ
「スロウウォッシュ」のヌシ

上流まで登りきってから、下流へと一気に降り、そしてまた上流へ。目的の定かでない行動を繰り返している

レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

新生FF14 DataLab
FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
魚類図鑑 - 猫はお腹がすいた