魚類図鑑

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
ナマケチチブ
61   河川 
スロウウォッシュに棲息する大型の淡水魚

流れが緩やかなスロウウォッシュの淀みで、ほとんど動くことなく獲物が目の前を通り過ぎるのを待っている
スチールヘッド
61   河川 
ベロジナ、ハズーバ水系の河川に棲息する淡水魚

成長に合わせて汽水域まで降り、また遡上して産卵する。この魚の移動は、季節の風物詩となっているようだ
ブロークンクラブ
61   河川 
硬い甲殻を持つ淡水性の甲殻類

硬い甲殻を持つカニ。その硬さを誇っていたが、壊神ラールガーは拳の一撃で砕き、カニの傲慢さを諫めたという
ミューヌフィッシュ
61   河川 
黒衣森原産の獰猛な淡水魚

黒衣森産のピピラを、食用魚として放流した結果、ギラバニアに定着。この活動に貢献した冒険者ギルドの顔役の名で呼ばれる
寺ブナ
61   湖沼 
東アバラシア山脈の湖沼に棲息する淡水魚

星導山寺院のモンク僧が、籠城戦の食用として放流したフナ。かつて僧たちは、素手でこの魚を捕らえるという修行をしていた
バルーンフロッグ
61   河川 
東アバラシア山脈に分布する両生類

威嚇するときに、大きく口を膨らませることから、風船蛙と呼ばれる。丸々としたその姿は、むしろ愛嬌がある
トウロウマリモ
61   湖沼 
球形を成す緑藻の集合体。洞穴に産し、淡く発光する

星導山寺院を照らす灯篭の灯りに喩えられるマリモ。かつては、その明かりの中で、瞑想を行うモンク僧もいたという
ナガレノボリ
61   河川 
緩やかな流れに逆らって泳ぐ淡水魚

流れに逆らって泳ぐことを特徴とする。しかし、スロウウォッシュの流れは緩やかで、それほど凄いことではない
アダマンポリプテルス
61   湖沼 
ギラバニアの湖沼に棲息する淡水魚

独特の菱形の鱗によって、全身を固めた古代魚。食べようとしたムードスードの牙を折るほど、その鱗は硬い
ホネトカシ
61   湖沼 
湖沼にはまって死んだ動物の骨に付着する巻貝

獣の骸に群がり、骨まで溶かすという巻貝。不気味な存在だが、森の狩人は獲物に出会うためのお守りとして、その殻を持ち歩く
オチバウオ
61   湖沼 
夜の森に棲息する葉のような淡水魚

夜の森の木々から、剥がれ落ちた木の葉が、亡霊にのっとられた結果、この魚になったという恐ろしい民話が伝わる
ベロジナソウギョ
61   河川 
ベロジナ川に棲息する淡水魚

ベロジナ川に棲息する草魚の近縁種。より大型の魚にとっては、貴重なエサであり、食物連鎖を下支えしている
ハイランドパーチ
   河川 
ミラージュクリークに棲息する淡水魚

ヒンターランドパーチと同種とするか否かで、学会では大論争が勃発。博物学者にとっては、一種の禁句となるほど対立は深い
タニノボリ
62   河川 
ベロジナ、ハズーバ水系の河川に棲息するカープの一種

扁平な魚体が特徴的。胸ビレを吸盤のように使い、岩などに張り付く。流れに逆い留まる姿から、不屈の象徴とされる
ミラージュチャブ
62   河川 
繁殖期に入ると魚体の色を変える淡水魚

普段は銀色だが、季節によって朱色の帯が入る。幻影のように現れるこの模様は、繁殖期を示す婚姻色だという
パジャルローチ
62   湖沼 
夜の森に棲息する細長い淡水魚

藻だけを食べるため、味に泥臭さがなく、非常に美味。グリダニアでは高級魚として、角尊への供物にもされた
ギラバニアントラウト
62   河川 
ベロジナ、ハズーバ水系の河川に棲息する淡水魚

ギラバニア地方に広く分布する。地元民にとっては、よく知られた食材のひとつであり、郷土料理にも用いられる
ブラッドスピッター
62   河川 
河川や湖沼に棲息する淡水性甲殻類

ハサミで獣を傷つけ、流れ出た血を啜ると伝わるが、そのような事実はない。おそらく、体色から連想された俗説と思われる
モンクベタ
62   湖沼 
東アバラシア山脈の湖沼に棲息する淡水魚

モンク僧のように熱い闘争心を秘めている。同族同士での争いは過酷であり、日々、縄張りを巡り闘っている
ギルフィッシュ
62   湖沼 
東方から伝わった鑑賞用の白銀色の淡水魚

輝く姿が、水中に落としたギル硬貨に見えることから、そう呼ばれる。幾人もの欲深い者を溺れさせてきた存在
小流星
62   湖沼 
球形を成す藻の集合体。洞穴に産し、淡く発光する

紫色に淡く光る藻の集合体。壊神ラールガーが投げかけた「導きの星」が通ったときに、その輝きから生まれたと伝わる
ハンテンナマズ
62   湖沼 
流星の尾に棲息する体を逆さにして泳ぐ淡水魚

サカサナマズによく似た魚。同じく上下逆さまになって泳ぐが、両者が同一種なのかは、未だに研究が進んでいない
ニルヴァーナクラブ
62   湖沼 
幻覚性キノコを甲羅の上で養殖する淡水性の甲殻類

ある修行嫌いのモンク僧が、一夜にして悟りを開いた。彼の部屋には、キノコが取り除かれたこのカニが残されていたという
ジャリモグリ
62   河川 
川底の砂利に潜む淡水魚

上空から魚を狙うグリフォンなどに対抗して、川底の砂利に潜ることを覚えた魚。そのため、つねに鱗が傷ついている
カタクチイワシ
62   沖合 
大群を成して棲息する小型の海水魚

口が片側に寄っているため、そう呼ばれる。ひんがしの国では、茹でたあとに乾燥させて、出汁を採るために用いる

レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

新生FF14 DataLab
FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
魚類図鑑 - 猫はお腹がすいた