魚類図鑑

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
スケイルリッパー
210  河川 
大型のジャウー
「悲嘆の飛泉」のヌシ

恐れ知らずのジャウー。水を飲みに飛来したドラゴン族の足に食らい付き、その鱗を剥がして喰らったという逸話を持つ
アクムノタネ
210  湖沼 
大型のポリプテルス
「スモーキングウェイスト」のヌシ

ヴァスの塚のグナース族、「オソレシラズ」が夜な夜な夢に見るという怪魚。いったいどんな因縁があるのかは不明だ
メテオトータス
210  溶岩 
大型のコメットータス
「モーン大岩窟」のヌシ

大物のコメットータス。赤熱した甲羅を輝かせ、獲物に迫る様子は、伝説の破壊魔法「メテオ」のように見える
水瓶王
210  湖沼 
大型のヒンターランドパーチ
「サリャク河」のヌシ

サリャク河は、しばしば知神サリャクの水瓶に例えられる。その主として君臨するのが、このヒンターランドパーチだ
ヴィゾーヴニル
210  湖沼 
大型のホワイトオスカー
「エイル・トーム」のヌシ

アルビノのアストロノータスの中でも、ひときわ大きく育った個体。その姿は、白き翼ヴィゾーヴニルに例えられる
ラタトスクソウル
210  浮島 
大型のドラゴンソウル
「ランドロード遺構」のヌシ

大物のドラゴンソウル。その姿を見たモーグリ族が、死した天竜ラタトスクが帰還したと勘違いしたほどの巨体を誇る
水墨魚
210  河川 
大型の出目金
「ヴール・シアンシラン」のヌシ

水に垂らした墨がにじんで広がったような、独特の風合いの模様を持つ美しい出目金。浮島の水辺を、優雅に泳ぐ
ザ・セカンドワン
190  浮島 
大型のトルネドシャーク
「ブルー・ウィンドウ」のヌシ

凶暴すぎる竜巻を背負い、空飛ぶ人喰い鮫が帰ってきた。その最大瞬間風速は史上最大。これ以上、特に言うことはない
ハイアラガンクラブ改
210  魔泉 
大型のハイアラガンクラブ
「アルファ管区」のヌシ

岩肌に張り付き、その成分を溶かして摂取することで、甲殻の硬度を高めた個体。ドラゴン族でも砕けないほど硬い
バイオガピラルク
210  湖沼 
大型のバイオピラルク
「デルタ管区」のヌシ

ドラゴン族でも、簡単には飲み込めないほどに成長したバイオピラルク。身は固く、とても食べられた物ではない
ディモルフォドン
240  浮島 
鋭い歯を持つ希少な翼竜
「ソーム・アル笠雲」のヌシ

異様に大きく発達した頭部と、奇妙な歯が特徴的な翼竜。浮島の縁にぶら下がり、滑空飛行で巧みに雲海魚を狩るという
バスキングシャーク
240  浮島 
非常に大きな口をもつ希少な甲鱗綱の魔物
「モック・ウーグル島」のヌシ

大口を開け、雲海魚を魚群ごと捕食する魔物。また、開口することで空気抵抗を高め、急制動をかけることもある
アラガンブレード・シャーク
240  魔泉 
ブレード状の吻を持つ希少な魚
「アジス・ラー旗艦島」のヌシ

アラグ帝国が生み出したキメラ生物。高周波振動するブレード状の口吻で敵兵を斬り裂く、投射生物兵器として開発された
ヘイルイーター
230  雲海 
大型のアイスイーター
「グレイテール滝」のヌシ

グレイシャーコアを喰らい、急成長したアイスイーター。神殿騎士団では、対シヴァ用防御策としての利用が模索されていた
フレアフィッシュ
230  湖沼 
大型のソーサラーフィッシュ
「クルザス不凍池」のヌシ

ひときわ高い熱量を放つソーサラーフィッシュ。不凍池が決して凍らないのは、この魚が存在するためとの噂も
フォークタン
230  河川 
大型のスリーリップス
「ウィロームリバー」のヌシ

三度折れ曲がった口に加え、二股に裂けた舌を持つと噂される個体。漁師を欺くのが得意で、なかなか釣り上げられない
マダムバタフライ
230  湖沼 
非常に美しいバタフライフィッシュ
「クイックスピル・デルタ」のヌシ

どこか儚げな美しさを持つバタフライフィッシュ。「大撤収」の折、連れ去られた夫の帰りを、今も待っているらしい
モグルグポンポン
220  湖沼 
大型のポンポンポン
「グリーンスウォード島」のヌシ

大型のポンポンポン。モグモグホームの初代長老「モグルグ」の頭部から、むしり取られたポンポンの成れの果てと噂される
シーロストラタスモトロ
230  浮島 
大型のフリーシーモトロ
「クラウドトップ」のヌシ

大振りでありながら、自在に雲海を飛び回るために薄く軽量な身体を獲得した個体。薄く陰影のない巻層雲に喩えられる
聖竜の涙
220  溶岩 
非常に美しいアイトーンコルト
「モーン大岩窟西」のヌシ

ガラス化した鉱物が、絶妙の成分で体表に折り重なり、世にも美しい輝きを帯びた溶岩生物。鑑賞用として高い需要を誇る
魔科学物質666
230  魔泉 
魔科学物質123に類似した謎の存在
「廃液溜まり」のヌシ

人の指のような触手を生やした謎の物質。研究過程で、その製法を知った聖コイナク財団の職員は叫び声を上げ失神した
ハンドレッドアイ
230  湖沼 
プチアクソロトルの突然変異体
「パプスの大樹」のヌシ

プチアクソロトルの突然変異体。無数の眼のように見える特殊な斑紋で、捕食者を忌避させることで、生き延び続けてきた
万能のゴブリバス
230  河川 
大型のゴブリバス
「サリャク河中洲」のヌシ

「青の手」の総帥クイックシンクスが釣り逃がしたという大物。終生のライバルとして、「万能」の称号が与えられた
氷の巫女
220  河川 
大型の氷神魚
「ベーンプール西」のヌシ

大振りの氷神魚。ダイアモンドダストが煌めく寒空の下で優雅に泳ぐ姿から、いつしか「氷の巫女」と呼ばれるようになった
ビショップフィッシュ
250  湖沼 
大型のプリーストフィッシュ
「クリアプール」のヌシ

大型のプリーストフィッシュ。誘引突起の光が強く、多くの獲物を引き寄せるため、司祭より高位の大司祭と呼ばれる

レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

新生FF14 DataLab
FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
魚類図鑑 - 猫はお腹がすいた