魚類図鑑

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
学士貝
142  河川 
サリャク河に棲息する二枚貝

桃色の二枚貝。シャーレアンでは幸運の象徴と考えられ、難関の魔法大学に挑む受験生たちが貝殻を携えたという
ブレードガンナー
145  湖沼 
アジス・ラーで確認された謎の淡水魚

高水圧で水を噴射して、水辺に来たドラゴン族の肉体を切り裂き、流れ出た血液をすする、実に恐ろしい生態を持つ
アミア・カルヴァ
145  湖沼 
ウエストン・ウォーターに棲息する大型の淡水魚

一部の釣りモグたちの間で、絶大な人気を誇る魚。どうやら、その卵が彼らにとっては非常に美味らしい
バルーンパファー
145  浮島 
ランドロード遺構に棲息する雲海魚

有毒だが、美味ゆえに乱獲された歴史を持つ幻の雲海魚。体内のガス嚢を風船のように膨らませて浮行する
スカイフェアリー・エオス
145  雲海 
ドラヴァニア雲海低層に棲息する生物

スカイフェアリー・セレネの近縁種で、こちらは体色が赤い。色味の違いは、捕食しているエサの違いが要因と思われる
夕空珊瑚
145  浮島 
ランドロード遺構に棲息する空珊瑚

浮島に付着する珊瑚。モーグリ族のゲージュツカは、これを砕いて赤い絵の具を作り、絵飾り石を描くという
ホワイトオクトパス
145  湖沼 
寒冷地に適応した珍しい頭足類

触手を操り、貝類を捕食する淡水性のタコ。稀に雪上を這って移動することがあるが、イエティに捕食されることも
ドラゴンソウル
145  浮島 
ランドロード遺構に棲息する雲海魚

枝葉のような飛膜を用いて、ヒラヒラと雲海を舞う。時折、慌て者のモーグリ族がドラゴンと見間違え大騒ぎをする
トルネドシャーク
180  浮島 
竜巻に乗り空に舞い上がった鮫

風属性のエーテルを操り、トルネド級の竜巻を生み出しては、それに乗り飛来する。これ以上、特に言うことはない
ハイウィンドジェリー
145  雲海 
大きな傘を持つ浮クラゲ

大きなガス嚢を持つ浮クラゲ。一説では、これを見たイクサル族が気球の原理を発明したとも言われている
フォッシルアロワナ
145  溶岩 
化石と間違えられることが多い溶岩魚

高温を耐え抜くために、金属質の鱗で覆われた溶岩魚。その姿は、まるで岩のようで化石と間違えられることも多い
プロプケン
145  魔泉 
アジス・ラーで確認された謎の魔泉魚

ヒレを手足のように用いてうごめく不気味な魚。その姿は、どことなく魚人種族ロプケンに似ているが……
カイマン
145  河川 
主に高地ドラヴァニアに棲息する爬虫類

川辺の生態系の最上位に君臨する、獰猛なる捕食者。ただし、それはドラゴン族を除いた場合の話である
バイオピラルク
180  湖沼 XL (7) 
デルタ管区に棲息する大型の淡水魚
[G4以上の水槽で飼育可能]

ドラゴン族のエサとして、魔科学によって品種改良された魚。異常に繁殖能力が豊富で、栄養価も高いようだ
イルミナティパーチ
145  河川 
青の手がサリャク河に放流した淡水魚

科学者集団「青の手」が品種改良を加えたゴブリンパーチ。非常に泥臭くて不味いが、ゴブリン族的には美味らしい
スカイハイフィッシュ
145  浮島 
棒状の体に三対の薄羽を持つ雲海魚

目にも止まらぬ素早さで飛行する雲海魚。ドラゴン族の幼体は、この雲海魚を相手に狩りの腕を磨くようだ
ガスボムパファー
148  浮島 
ハビスフィアに棲息する浮島魚

アジス・ラーの周辺空域で、独自の進化を遂げた雲海魚。刺激を加えると、体中に生えた棘から、毒液を噴霧する
魔魚
145  魔泉 
アジス・ラーにて確認された謎の魔泉魚

腐魚の原種と思われる魚。透明なゼリー状の外套膜を生成し、魔泉に含まれる毒素から身を守っているらしい
未確認飛行生物
150  浮島 
ハビスフィアに棲息する謎の生命体

外見状はボンゴラに似ているが、その表面は不気味に柔らかい。浮行原理さえ判明していない正体不明の存在
ガラ・ルファ
145  湖沼 
ドラゴンスピットに棲息する小型の淡水魚

温かい水を好む魚。イシュガルドの貴婦人の間では、肌の角質を食べてくれる「治療師魚」として知られている
スコーピオンフライ
145  浮島 
ドラヴァニア雲海に棲息する飛海老

浮島から浮島へと渡る飛海老。一対の鋏で雲海魚を捉えては、浮島へと運び、鮮やかに捌いて内臓を食す
ロッククライマー
145  湖沼 
デルタ管区に棲息する淡水魚

腹部の吸盤とヒレを使い、岩場を登る奇妙な魚。そして、岩場から飛び出して、飛行する虫を捕らえた後、着水する
ブラッドスキッパー
145  魔泉 
アルファ管区に棲息する魔泉魚

ヒレを使って、魔泉から魔泉へと移動を繰り返す奇妙な魚。その際は、非常に目立つが、有毒ゆえに捕食されない
コブラフィッシュ
148  浮島 
サルウーム・カシュに棲息する浮島魚

長く伸びた背ビレで、風属性のエーテルを捉えて飛行する雲海魚。鋭く長い牙で、獲物に襲いかかる姿は恐ろしい
スピリット
148  浮島 
扁平な身体をエーテル翼として浮行する雲海魚

フライマンタの近縁種。音もなく雲海をすべるように飛ぶため、バヌバヌ族からは死者の魂だと考えられている

レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

新生FF14 DataLab
FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
魚類図鑑 - 猫はお腹がすいた