魚類図鑑

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33
氷神魚
136  河川 
荒天時に活発に摂食行動を取る淡水魚

吹雪になると活発に摂食行動をとる。雷神魚と同一種ではないかとの疑惑がある。別名「吹雪を呼ぶ者」
アイスイーター
136  雲海 
雲海に棲息する小型の浮クラゲ

グレイシャーコアを捕食する浮クラゲ。そのためか、吹雪が晴れる吉兆と考えられ、クルザスの人々から歓迎されている
ポリプテルス
139  湖沼 
スモーキングウェイストに棲息する淡水魚

陽光に輝く菱形の鱗が特徴の古代魚。昆虫を捕食するためか、グナース族はこの魚を忌み嫌っているらしい
ホワイトオスカー
139  湖沼 M (2) 
長いヒレと純白の魚体が特徴的な淡水魚
[G2以上の水槽で飼育可能]

アストロノータスのアルビノ。長いヒレと、真っ白な体が特徴。自然界では目立つため、すぐに捕食されてしまい、希少種となっている。
ジャウー
136  河川 
悲嘆の飛泉に棲息する大型の淡水魚

「人喰い魚」の異名を持つ、凶暴な巨大ナマズ。実際に人を食べることはないが、水場の魚を平らげるほど貪欲
ゴブリパス
139  浮島 
ドラヴァニア雲海低層に棲息する頭足類

正体不明の珍妙な浮タコ。どことなくゴブリン族のマスクを思わせる風貌から、冒険者の間で愛称が付けられた
スカイメデューサ
139  浮島 
ランドロード遺構に棲息する刺胞動物

浮島の岸壁に付着するイソギンチャクのような生物。その風貌は、伝説の妖異「メデューサ」の頭部を思わせる
キンバーナイト
139  溶岩 
アネス・ソーに棲息する溶岩巻貝

耐熱性に優れた鱗を持つ、溶岩性巻貝。生息域は違えど、スケーリーフットとの類似性が指摘されている
ブラックウィップ
139  魔泉 
アジス・ラーにて確認された謎の魔泉魚

目は存在しているが退化しているらしく、光に反応することはない。その醜悪な姿は、ヴォイドの妖異を連想させる
プチアクソロトル
150  湖沼 
パプスの大樹に棲息する両生類

どことなく愛嬌のある顔をした両生類。サラマンダーの一種ではないかと考えられているが、真相は定かではない
ハイアラガンクラブ
139  魔泉 
アジス・ラーにて確認された謎の甲殻類

アラガントームストーンの解析結果によると、装甲材への転用を念頭に、甲殻の硬度強化を施された品種らしい
白金魚
139  魔泉 
アジス・ラーにて確認された謎の魔泉魚

金魚を超える輝きを誇る魔泉魚。息をのむほど美しいが、飼育するには魔泉の水槽が必要で、極めて難しい
エーテルアイ
139  河川 
パプスの大樹に棲息する淡水魚

光に反応せずに、巧みに狩りをする魚。どうやら独特な器官により、エーテル濃度を感知しているようだ
アジスフィッシュ
139  魔泉 
アジス・ラーにて確認された謎の魔泉魚

強烈な毒性を有する魔泉に適応した、小型の魚。毒々しい色合いをしており、とても食べられそうにはない
クリスタルフィッシュ
145  河川 
パプスの大樹に棲息する淡水魚

グラスパーチに似ているが、必ずしも身体が透明になる訳ではない。個体差が非常に激しいのが特徴といえる
香魚
136  河川 
サリャク河に棲息する銀白色で美味な淡水魚

その名の通り香りがよい魚。シャーレアン人が好んで食していたが、ゴブリン族が持ち込んだ外来種に脅かされている
バタフライフィッシュ
142  湖沼 
クイックスピル・デルタに棲息する淡水魚

胸鰭が大きく上から見ると蝶のように見える古代魚。かつてシャーレアンでは、庭園の池で観賞魚として飼育されていた
バサバサ
142  湖沼 
ウエストン・ウォーターに棲息する淡水魚

頭部にタテガミのような器官を有する古代魚。丸いポンポンを愛するモーグリ族にとっては、不格好この上ないらしい
リーフフィッシュ
142  湖沼 
サリャク河に棲息する淡水魚

枯葉のような外見を持つ魚。流れる葉に紛れて小魚に接近し、素早い動きで捕食する狩りの名人でもある
マナセイル
139  浮島 
サルウーム・カシュに棲息する浮島魚

帆船の帆のような大きなヒレで、風属性のエーテルを受けて高高度を飛行する雲海魚。その姿は、勇壮の一語に尽きる
スカイスウィーパー
142  浮島 
ハビスフィア周辺で確認された雲海魚

より大型の雲海魚に乗り、大空を渡る雲海魚。その代わりに、宿主の背に付着する害虫などを食すようだ
マグマラウス
142  溶岩 
アネス・ソーに棲息する溶岩性の甲殻類

エーテルラウス同様に、ほとんどエサを食べることはない。マグマに流れる火や土のエーテルを摂取しているようだ
コメットータス
142  溶岩 
光輪の祭壇に棲息する溶岩亀

高熱に適応した亀。火山の噴火時に打ち上げられた個体が、隕石のように降り注いできたという伝説もある
魔科学物質123
142  魔泉 
赤く染まった廃液に棲息する謎の生物

無数の触手を伸ばして、周囲の虫を補食する謎めいた物質。その表面は妙になまめかしく、人の肌に似ている
ブラウンブーメラン
142  浮島 
サルウーム・カシュに棲息する古代生物

普段は浮島の岸壁に張り付いているが、雲海魚を見つけると飛び出し、頭部の飛膜で巧みに滑空飛行し戻ってくる

レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

新生FF14 DataLab
FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
魚類図鑑 - 猫はお腹がすいた