探検手帳

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ET 00:00
ctrl+左クリックでチェック
076 探検の足掛かり076 スチールヴィジル

――酒場で耳にした噂話。 スチールヴィジルの状況が知りたいなら、足下に気をつけながら様子を覗うべきだ。
クルザス中央高地 x:28 y:10
快晴 05:0007:59
見わたす
/lookout

破壊された対ドラゴン要塞。西方の「ストーンヴィジル」と対を成す、イシュガルド防衛の双璧と呼ばれていた。しかし、黄竜「スヴァラ」に率いられたドラゴン族に蹂躙され、今や外郭の一部を遺すだけの廃墟となっている
077 探検の足掛かり077 カストルム・セントリ

――ある脱走兵から聞いた噂。 基地の内側には、発着場がある。物資が運び出されるのを見送る日々だった。
モードゥナ x:9 y:13
妖霧 12:0016:59
見わたす
/lookout

ガレマール帝国軍の資源採掘拠点。ネール率いる第VII軍団が築いた拠点「カストルム・ノヴム」を元に、霊災後に侵攻してきた第XIV軍団が改装した。鉱石輸送用の鉄道、通称「魔列車」の停車場が設けられている
078 探検の足掛かり078 クリスタルタワー

――ある冒険者から聞いた噂。 木々までもがクリスタルと化した地から、天を突くクリスタルの柱が見えるらしい。
モードゥナ x:27 y:8
晴れ 18:0004:59
見わたす
/lookout

第七霊災を境に、突如として地表に姿を現したクリスタルの巨塔。学術組織「聖コイナク財団」の調査によると、その正体は古代アラグ文明が築いたエネルギー集積装置であり、「シルクスの塔」と呼ばれていたとのこと
079 探検の足掛かり079 早霜峠

――ある冒険者から聞いた噂。 大規模な結晶化現象がもたらしたのは、一面の青。クリスタルの上より一望できる。
モードゥナ x:18 y:17
快晴 12:0016:59
見わたす
/lookout

飛空戦艦「アグリウス」の墜落によって、大規模な結晶化現象が引き起こされた場所。草すら結晶化しており、この峠を歩くとシャリシャリと霜を踏みしめたような音がなる。そのため「早霜峠」と呼ばれるようになった
080 探検の足掛かり080 黙約の塔

――酒場で耳にした噂話。 「アグリウス」は一見の価値があるが湖畔は危険。じっくり眺めたいなら、木登りを勧める。
モードゥナ x:26 y:11
晴れ 17:0017:59
座る

あたかも塔のように屹立する、艦首から湖に墜落したガレマール帝国軍の飛空戦艦、「アグリウス」の残骸。古来より銀泪湖の守り神として信仰を集めてきた、幻龍「ミドガルズオルム」の亡骸が巻きついている

レシピなどの情報は下記サイト様にリンクさせて頂いてます。

新生FF14 DataLab
FF14 ERIONES

タイトル文字フォントには『たぬき油性マジック』を使用しています。


ページトップへ
探検手帳 - 猫はお腹がすいた